日本初となるAIに特化した
人工知能科学研究科が
2020年4月に開設。

超スマート社会ではロボットや人工知能、ビッグデータ、IoTなどの先端技術を駆使し、社会のさまざまなニーズにきめ細かく対応できるようになります。その中核をなすのが人工知能です。2020年、立教大学に日本で初めて人工知能に特化して学術の新展開をはかる大学院「人工知能科学研究科」が誕生します。人工知能・データサイエンスの知識や技術だけでなく、先端技術を活用してさまざまな社会課題の解決を実現するための実践力を育成します。

4つの特長

機械学習・
ディープラーニングの
本格的な学習

機械学習を中心に人工知能やデータサイエンス分野、ディープラーニングを本格的に学習し、先端的研究に携わります。そのため、機械学習・データサイエンスを修得する上で重要な基礎科目(情報科学など)を重点的に学びます。また、「先端科学技術の倫理」といったAI を社会実装する上で重要な科目群が配置されており、基礎研究から社会実装までバランス良く学ぶことができます。

「社会科学×AI」による
革新的な研究と人材育成

本研究科が目指すのは、広い視野とAIと社会をつなぐ力によって、さまざまな社会課題の解決のために貢献できる人材。例えば物理学や生命科学といった自然科学だけでなく、社会学や経済学などの社会科学の専門知識と人工知能によるデータ解析等の技術を併せ持ち、領域横断的なデータ解析を展開できるなど、分野を横断して活躍できる力を幅広い学びの中で育成していきます。

産学連携による
「社会実装」プログラムの充実

AI技術と社会をつなぐ人材の育成のために、研究と教育、社会実装の三位一体となった環境を用意。社会実装では、企業での AI プロジェクトの最前線で活躍している教員から最先端 AI プロジェクトの実習指導を受けることができ、提携企業との共同研究の中で学びを発展させ、社会に生かす実践的な力を身に付けていくことが可能です。

昼夜間開講形式で、
社会人も学びやすい環境

社会人が働きながら人工知能科学の修士号を得られるように平日夜間と土曜日に科目を集中配置。理系学部出身の学生、人文社会科学出身の学生、そしてさまざまな専門性を持つ社会人学生たちが、相互に刺激を与えながら異分野間のシナジー効果を引き出せる環境です。

AIをキーワードに改革を考える
全業種に対応できる
輩出する人材モデル

AIサイエンティスト

機械学習の数理モデルを深く理解し、高度な情報科学や統計学の知識を持ち、論文から最新のAI技術を実装できる力を育成。先端的な機械学習モデルを主導できる人材を目指します。

AIエンジニア

エンジニアやプログラマー経験のある社会人が、AI関連技術と既存技術と合わせて発展的に生かす力を育成。既存のAI技術をソフトウェアで実装でき、実データに対して機械学習の応用ができる人材を目指します。

AIプランナー

基礎的なAI関連の知識を持って、業務活用を企画できる力を育成。ソフトウェア実装を経験し、エンジニアやプログラマーとコミュニケーションできる人材を目指します。

AIプロデューサー

ビジネス経験の豊富な社会人が、幅広く、そして深いAI関連の知識や技術を身に付けます。それらを生かして製品開発やサービスの企画立案を推進できる人材を目指します。

人工知能科学研究科
基本情報

■設置時期 2020年4月
■募集定員 63名
■設置場所 池袋キャンパス
■学位 修士(人工知能科学)
■教員数 9名
■開講形式 昼夜開講<平日6時限(18:30~)+土曜日>を中心
■選考方法 書類審査および筆記試験(総合問題)による第1次選考、面接による第2次選考を予定しています。
詳細は、6月以降公開する入試要項にてご確認ください。
■学費 入学金 225,000円 授業料 1,350,000円 教育充実費 150,000円
※記載されている内容は予定であり、変更の可能性があります。

100社以上の企業と
AIテクノロジーを研究する
リテールAI研究会
代表理事からのメッセージ

現在、世の中ではAIに関する期待や不安が色々と語られています。しかし、世の中にAIという技術が取り入れられて行くのは不可避であります。またこの分野ではアメリカや中国が先行していることも事実です。その流れの中、AIを幅広い視点で多角的に研究されるこのような研究科が開設されることは、社会に役立つAIの研究、そのために欠かせない人材の育成という点で果たされる役割は大きいと思い、大いに期待する所存です。

一般社団法人リテールAI研究会
代表理事 田中 雄策

PAGE TOP