産官学連携立教大学大学院 人工知能科学研究科

人工知能科学研究科では、企業や行政と連携して、社会実装に向けた高度な 人材育成支援や共同プロジェクトによる研究・開発を行う予定です。社会の中で人工知能やデータサイエンスの活かし方を実践し、知識や技術を発展させていきます。
時期(協定の場合は締結日) 連携先 連携内容 備考
2019年 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)東京北支店、東京都豊島区 介護者向けの「介護等AI知恵袋」のモデル開発、商用化 豊島区内の介護施設で、被介護者の状況や言葉、 症状などを打ち込むことで、必要な対処方法や回答等を返答する「介護AI知恵袋」サービスの構築・提供を目指します。
2019年07月19日 経済産業省 行政の課題解決に関する共同研究
【関連記事はこちら】
 
2019年08月05日 株式会社豆蔵 人工知能分野の人材育成および産学連携教育の推進
【関連記事はこちら】
ビジネスに直結する、ビジネス数学、AI・機械学習 のオリジナルカリキュラムを開発する株式会社豆蔵と連携した人材育成を実施。同社の社員を講師として、学生の支援を行います。
2019年12月11日 株式会社大和総研 人工知能・データサイエンス分野等における包括的な教育研究協力を開始
【関連記事はこちら】 
株式会社大和総研の社員が講師となる教育プログラムを実施。またそれにともない、国内外における学生のインターンシップ制度もご用意する予定です。
2020年04月30日 株式会社ビズリーチ AIの社会実装を目的とした共同研究契約を締結
【関連記事はこちら】 
即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」におけるAI活用をはじめ、AI研究機関を持つ株式会社ビズリーチと共同研究を行い、ビジネスにおけるAI活用を考えていきます。
2021年06月29日 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)東京事業部 新型コロナ禍における新たな学習環境であるバーチャルキャンパスの実現に向けた実証実験について相互協力協定を締結
【関連記事はこちら】 
本取組みでは、立教大学が開発支援パートナーと共同で研究・開発を進めている、バーチャル空間上のAI搭載ロボット(Virtual Droid)、高精度3Dモデル作成技術・AIを活用したリアルなVRと、NTT東日本が提供するセキュアかつ高速処理を可能とするネットワークやプラットフォームを掛け合わせることで、学生・教職員の造形・表情・動作をコピーした3Dアバターによるバーチャルキャンパス上での円滑なコミュニケーション、共同学習・研究の実現を目指します。