研究科の概要立教大学 大学院人工知能科学研究科

日本初、AIに特化した人工知能科学研究科 2020年4月に開設。

人工知能・データサイエンスを、人文・社会科学を含む全ての学術分野と掛け合わせることで、社会課題の解決やビジネスチャンスを生み出す力を育成。

超スマート社会ではロボットや人工知能、ビッグデータ、I o T などの先端技術を駆使し、社会のさまざまなニーズにきめ細かく対応できるようになります。その中核をなすのが人工知能です。立教大学は、日本の学術と社会の未来に新地平を拓くため、人工知能・データサイエンスに関する研究・教育・社会実装の三位一体を目指す人工知能科学研究科を開設しました。人工知能・データサイエンスにより、これまでの技術ではなしえなかった新しい方法で、誰もが快適で活力に満ちた社会の実現に貢献することが、本研究科の使命です。

学生は、人工知能・データサイエンスの知識や技術を身につけるだけでなく、先端技術を活用して企業との共同研究や学生同士のプロジェクトを行い自らを磨きます。

本研究科での学びを通して、分野横断的な広い視野と技術力を併せ持ち社会に変革を起こし得る力を涵養します。

研究科紹介の説明スライドはこちら

設置時期 2020年4月
入学定員 63名
設置場所 池袋キャンパス
学位 修士(人工知能科学)
教員数 8名(科目担当者を除く)
開講形式 昼夜開講<平日6時限(18:55~)+土曜日>を中心
学費 入学金 225,000円 授業料 1,500,000円(年額。教育充実費を含む)