興味のある対話分野を追究し、自らのビジネスに還元する。 

出久根 芳樹さん 修士2年 東京理科大学理工学部物理学科 卒業

2022/05/05

在学生

会社経営の傍ら、自分のペースで研究に打ち込める環境があった。

大学3年生の時に友人とアプリケーション開発の事業を起業しており、元々興味のあった人工知能を自分のビジネスに導入したいという思いを持っていました。いざ独学で勉強を始めると人工知能の面白さに気づき、大学4年生では人工知能を扱う卒業研究を行いました。卒業後も興味があったので人工知能を学べる学校を調べる中で、立教大学の人工知能科学研究科の説明会に参加することに。教授に一対一でお話を伺い、風通しの良い環境に魅力を感じて入学を決意しました。自身の事業も持ちながら同時に研究を行う中で、自分の時間が確保できないのではないかと危惧していましたが、夜間で学べる人工知能科学研究科は自分のペースを保ちながら日々研究に励むことができるので、理想的な環境だと感じています。基礎知識がなかった私でも1年次の春学期の授業「機械学習」で先生に丁寧に指導していただき、基礎力と応用力を身につけることができました。

高度な対話 A I を開発して、より豊かな観光体験を届けたい。

ユーザーごとのコンディションに合わせることができる「対話AI」に着目して研究しています。私は旅行が好きなので、自身の企業でも観光に関する事業展開を視野に入れているのですが、その中でも「観光客が秋葉原に行ったらそれに関する対話ができる」といった場所の概念を持つ対話AIを研究しています。旅行者がスマートフォンの地図を眺めながら、視線が下に向いた状態で観光するのは勿体ない。ならば、イヤホンを着けて歩くだけで観光案内をしてくれる人工知能があればいいなと思ったのがきっかけです。その他にも「介護施設にいる認知症の患者さんが持つ世界観を理解しながら対話ができる」といった、相手の感情まで汲み取ることができる対話AIの開発を目指しています。どちらも複雑なコンディションですが、ユーザーごとに寄り添って高度な対話を行える人工知能を実現させたいです。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。
ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。